日本環境クリアー株式会社

求める人材Human resources to seek

上下水道部

「水」を通じて社会とくらしを支えています

仕事内容

「水」を通じて社会と暮らしを支えている
トータルな上下水設備の熟練者集団。

上下水道部では、浄水場の運転維持管理、下水処理場やポンプ場での運転維持管理、それから廃棄物・リサイクル施設での運転維持管理を主に行っています。いずれも、人々のくらしに密接にかかわり、そして社会の衛生を支えている仕事です。

photo

水業界のこれから

循環型社会を支える上下水道施設は、世の中と人々の生活に密接にかかわり、高度経済成長期にその多くが建設され整備されてきました。
そしていま、これらのインフラ施設は年数が経ち老朽化が深刻な課題となっています。
同時に、人口減少時代に入り、事業収益の増加が見込めない中で、どのように施設機能を維持していくか、そして技術者の減少に対する技術継承も、課題となっています。
今後は、官と民が連携を強くしながら、課題に取り組んでいくことがますます求められます。民間企業の果たすべき役割は今後さらに大きくなっていくものと見込まれています。

委託形態の変化

私たちの行っている運転維持管理も、官に代わって運転を委託されるオペレーションとメンテナンスだけではありません。補修や修繕工事なども委託に含まれてきています。
民間の創意工夫をもち、改修・更新工事なども含み性能を求められる包括委託、
水道法改正でおこなわれるようになった第三者委託では、自治体の水道技術管理者が行ってきた水道法上の責任も伴ってきます。発注形態も、提案型、DBO、PFI、コンセッションなどさまざまです。

基本があるから可能性がある

一方で、時代が変わっても、地域の人々に安全な水をお届けし、使った水をきれいにして自然にもどし、環境・省資源に資する廃棄物処理を行うというキホンは変わりません。
キホンが備わっていてこそ、その先に進めます。

日本環境クリアーには、長年培ってきた経験とノウハウに秀でた多数の技術者がいます。
技術で応え、技術を継承していくために、教育にも力を注いでいます。
水業界の抱える課題に対して、私たちが応えられることはたくさんあり、「主体的に物事に取り組んでいける人」を歓迎します。

新卒の応募はコチラ
中途の応募はコチラ